2006年06月19日

アドセンスで稼ぐか、販売で稼ぐか

ども。 おいらっすm(_ _)m

あなたの愛の1クリック お待ちしてますm(_ _)m
人気blogランキング


あなたの求めるアフィリエイトのスタイルは、AdSense(いわゆるクリック報酬)で稼ぐ形っすか?

それとも、物でも情報でも、何かを販売してその報酬を受け取る形っすか?



サイト(ブログ)を作る時に、まずはそこら辺をハッキリさせた方がいいっす。


AdSenseで稼ぎたいと思った場合、ほかのアフィリインクがあると、
どうしてもクリックは分散されます。


AdSenseって、クリックされてなんぼっつーモンなんで、
とにかくAdSenseに目が行くようにしなきゃいけないわけっす。

それが、あっちにもこっちにもアフィリリンクがあったら、
サイトに来てくれたお客さんは混乱します。

で、結果として、どれもクリックされずに去っていきます。


逆に、物を販売するサイトだったら、AdSenseはあまり目立たない所に貼る方が
いいと思います。
これは、物販サイトでも情報販売サイトでも同じ。


「目立たない」っつーのとは若干違いますが、まったく違う目的でAdSense広告を使うのもアリっす。

この目的っつーのは、UP塾に入っている人はわかりますね。
(第2部のP70〜72あたり参照)


販売サイトだったら、とにかく販売する物自体にお客さんの興味を
持ってかなきゃダメっす。


すでにサイト自体がかなり大きく育ってて、アクセス数も莫大にあるなら
いろんなアフィリリンクがあっても問題ないのかもしれませんが、
最初のうちは、1ページ内のアフィリリンクは絞った方がいいっすね。


「二兎を追うもの一兎も得ず」っすm(_ _)m
(…合ってる?汗)


あれもこれもと欲張らずに、例えば自分が他のサイトを見た時、
どんな造りになってたらクリックしたくなるか、または
思わずクリックしてしまうか、というのを考えると、
参考になる部分がいっぱいあるはずです。


サイトを訪問する、お客さん目線を忘れちゃぁいけませんよ。





      【元カリスマ美容師が伝授!アフィリエイトで稼ぐ道】TOPへ


posted by おいら at 09:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ├ アフィリエイト:媒体
この記事へのコメント
おいらさん、こんにちは♪
とらです。

アドセンス、
訪問者の視点が大切ですね^^

まだまだ勉強が足りません!

応援☆〜

 >とらサマ
 コメントありがとうございます^^
 いろいろ検証しながら試していくしかないんでしょうけどね(^^;
Posted by ニートがアフィリエイトでゴリゴリ稼ぐ!@とら at 2006年06月19日 14:40
はじめまして!
アフィリエイト初心者です。相互リンクを希望します。よろしくお願いします。

 >赤坂マスオさま
 コメントありがとうございます^^
 では、リンク貼らせて頂きます。
 どうぞよろしくお願いしますね^^
Posted by 赤坂マスオ at 2006年06月19日 17:46
こんにちわ

最後の二兎を得るものじゃなくて

二兎を追うものですよ・・・

二兎を得るものが一兎も得ずじゃ

わけわからない言葉になってしまいますw

 >ありがとうございます。
 直しました(^^;
Posted by 寝てフェラで稼ぐ@豪華特典付 at 2006年06月20日 12:27
おいらさん、こんにちわ♪
コメントありがとうございました♪

そうなんですよね、お金を稼ぐ=悪役もしくはケチもしくは守銭奴って感じで世間はまかり通っているので、実は友人が減っているような。。。。
ネットで濃い友人が増えたのでそれはそれでかまわないのですが。。。
でも偏見している人がいるうちがチャンスなんだと思います♪
頑張りましょうね〜♪
応援ぽちっ!

 >yoyokaサマ
 コメントありがとうございます^^
 そうですね。
 でも、だからこそ、まだ参入の余地はあるって事ですもんね^^
Posted by yoyoka at 2006年06月20日 15:45
おいらさんどうもー。
リンクありがとうございました。

これから作業しますねぇ。

ところで。

やはり、入り口はたくさん出口がひとつ
が基本ですねぇ。

 >とっしーサマ
 コメントありがとうございます^^
 入り口たくさん、出口1つ。
 できてるようでできてないかも…(汗)
Posted by とっしー@ブログ実験場 at 2006年06月20日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。